FC2ブログ

憧れのフライブリッジ

20200726115014872.jpg
復活目指して中古艇サイトを巡る毎日です。これはお買い得、カッチョイイと思っていると商談中だの売約済みに変わっている😱😱時期ははっきりしないものの、10月にならないとお金の工面がつかないので気になっている船がどんどん無くなっていくので?不景気ってウソとか思いつつ何件かボートの問い合わせをしました、1人で出る事がほとんどになりそうなので探し初めはPC26の船外機仕様とかを見ていて、荒れたらやっぱりシャフトかなマリーナステイも楽しみたいとなってSF35の出物を見つけて、コレじゃと感動していたら商談中になり、やはり釣りもしたいからウォークアラウンドのSF31かと頭が大きくなっていました。そして憧れのカボを見つけて完全に予算オーバーだけど仕事頑張ってと思っていたら突然の売約済みに、そこで現実に戻されて先ずは置き場を考えてとベイサイドマリーナに問い合わせたら、AとB以外は待ちが沢山あって予約も受けていない😭とか!候補はヴィラシスかサニーサイドに、となると陸置きもありで船内外機もありだし相模湾でライトトローリングもとか、今はシッチャカメッチャカになっています。でやはりフライブリッジで加山雄三をかけながら大海原をと(歳がバレそう)冒頭のボートが頭にこびり付いて離れないのです。
スポンサーサイト



復活準備 パート2

IMG_20200706_234554_copy_1408x1056 (1)
IMG_20200706_234554_copy_1408x1056 (1)
IMG_20200706_234554_copy_1408x1056 (1)
IMG_20200706_234554_copy_1408x1056 (1)
IMG_20200706_234554_copy_1408x1056 (1)
IMG_20200706_234554_copy_1408x1056 (1)

復活準備

最終更新から8年年もとりましたが、ブログでは書けない程の事が色々ありまして、本当に人生なんてわかりません。もうすぐ定年、子供も独立してそろそろ復活しようと画策中です。2年前にボートを手放し釣り具もほとんどなくなり海から離れてましたが限界です。大好きな海に戻ります。ペイペイ還元で釣り具をポチリ、復活の第一段の始まりです。ブログも徐々に書いていきます。宜しくお願い致します。


連休を取れたので、天気の良い本日出撃です。カヤックの準備にも慣れてきまして、釣果のない三浦を諦め、以前チェックした場所へ、内房の静かな海水浴場、プレジャーでアマダイを釣りに来た所です。そう、本日のお題は、カヤックアマダイ、そしてシロギスです。ベタベタの池の如き海でした。透明度も高く、ツーリングだけでも楽しいです。魚探も装備したのでシロギスタックルで探りながら、アマダイポイントのある水深60m付近まで漕ぎます。初めは、お約束のベラ、そして魚探に反応のあったイワシ、そのまま落とすと、ひったくる様な当たりですが、即バレ、テンビンは伸び、切れた仕掛けが縮れています。引っ張りの漁師さんも居たので青物かも。その後はアマダイ仕掛け?に変えても各種トラギスのオンパレードです。転覆の恐れも有るカヤックフィッシングなので、ロッドはベイトがバスロッド改、スピニングがシロキスロッドで鯛ラバからアマダイ、シロギスetcを兼用です。北よりに移動して再投入後、いい当たりが、鯛系の引きです。真鯛ですがチャリコクラス、その後PEが高切れして、浅場に向かいますが相変わらずベラとトラギスの猛攻です。水深20m位でやっとシロギス、そして15m付近で異なる当たり、カワハギでした。付近を重点的に攻めるとワッペンカワハギ連発、お腹も空いたので撤収です。カワハギはまるかつさんレシピの肝あえ糸作り、鯛は鯛めしにしました。

行って来ました


閉店した店の引渡しも終わり、初出勤前に出掛けておこうと、暖かい沖縄へ。今回はのんびりしたいので離島へ、安いツアーのあった久米島に決定です。天気は良くない時期なので覚悟しての旅行です。
初日は、名所めぐり?奇石、南国らしいビーチ、桜などを見て、2日目は楽しみにしていた、釣り船はまちゃんでの釣りです。とても気さくで、終始、笑みの絶えない船長さんです。ホテルまで送迎していただき、グラスボート、ダイビング船のメッカ真泊港より出航です。滞在中は北の強風で、北の港は画像の有様ですが、風裏からは釣りが出来ます。とは言えリーフを出ると波風とも強くシーアンカーを使った流し釣りです。貸し竿ですが、こちらではありえない太いライン、ガチガチのロッドに石鯛用の様なごっついリールです。やはり、とんでもない大物が掛かる可能性のある島ならではです。オニカサゴ用の仕掛けの上にコマセカゴを付け、錘が底を叩くようにしての流し釣りです。初めにカミサンがイトヨリに似た魚を釣り、私はカラフルな鯛、その後ポイントを変えて、カワハギ、オジサン等を釣りました。活性も低く、強風の為に好ポイントへは行けませんでしたが、一度だけドラグを鳴らす大物も後5メートルでバラシ、お腹も減ったので船長さん行きつけのラーメン屋さん心喜さん、休憩時間にもかかわらず、お造り、酒蒸し、カラアゲを作ってくださいました。ギョウサもラーメンも旨いよ。特にイトヨリに似た何とか鯛の酒蒸しが最高でした。ホテルのあるいかにも沖縄のビーチらしき。白砂、エメラルドグリーンの海と、礼文島の様な奇石がある景勝地も多くあります。人柄も良く、物価も安い、釣りもカジキからグルクンまで楽しめる素敵な島です。子供達も連れて再訪を誓い帰って来ました。011_convert_20120124115826.jpg
015_convert_20120124115933.jpg
016_convert_20120124120034.jpg
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード