スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

まあー、こんなもんでしょ

朝一、NHKの天気予報チェック、南風が沿岸で強いとの事、昨日の予報と変わりなし、オニは諦めてアマダイ五目で行こうと出発前、最終チェック、大島14m、やばそうな雰囲気です。マリーナを2番目の出航です。無風ベタナギで順調に進みます。観音崎を超えるとウネリが段々大きくなってきます。金田沖あたりでウネリがきつく、湾口は無理と判断して久里浜沖まで戻りますが、アマダイ仕掛けにオーロラちゃんを付けるもヒメとトラのみ、久里浜の煙突の風向きも変わってきたので、赤灯沖アタリでイシモチでも釣ってオカズ確保作戦に変更しました。赤灯の手前の35mぐらいで仕掛け(アマダイ仕掛けのまま、オモリ50号)を降ろします。お兄ちゃんにちびアジ、しばらくして、私のロット゜がよいアタリ、巻き上げるとなんかサバの様なヒキ、しかし途中から抵抗しなくなりました。あがってきたのは、良型のカサゴちゃま(東京湾ではなかなかでないサイズ)でした。さてー釣るぞと思ってみたものの、南風が強くなり底がとれないので、横須賀に逃げ込みますが、キスのプルプルしたアタリはあるものの、針がかりせず、たまにイシモチが釣れるだけ(しかし卑しいイシモチがいたもので、なんと二人分のハリを咥え股裂きのようになってあがって来ました)、おいしいアジ寿司が食べたかったのに残念。まあ予報通りの風なので、こんなもんでしょと言う事で撤収します。本当は館山でオニ、アカムツポイントを探索したかったのですが、天気に逆らえるバズもなくまた来週に期待です。
スポンサーサイト

おかえりなさい

ボート店からのメールが迷惑メールに入っていて消去してしまったようでマリーナからボートが戻って来たとの連絡が入りました。これは乗るしかないと急遽、イシモチ、アジでタックル準備、弁当準備、この前に忘れて困った割り箸もって出発です。このところの情報では八景沖から赤灯沖でイシモチが釣れているらしいので向かいます、予報より寒く風も強くかなり揺れます、ここで問題発覚、ガビーン、仕掛け忘れてモウタ、いつもなら積んである予備の仕掛けも点検前に降ろしてしまったので隅々までさがしても使えそうなのはカサゴの胴付きとアジビシが各二ケのみ、魚探を見ながらポイントを探しているとアジらしき反応がイソメをつけて適当に降ろすと次男にアタリ、チビアジです。流れがキツクポイントに留まっていられないので、いつものアジサバポイントに向かいますが釣り船の姿が全く見当たりません、イヤな予感が、しばらく様子を見るもアタリゼロ、風もますます強くなり早々に磯子湾に退散します。カサゴのポイントでアンカーを入れのんびり、まったりムード魚の気配も感じません。しばらくするとジ゛グをシャクッテいた次男になにか掛かったようです。タモ取ってと言われ行ってみると良型のスズキです(63cmぎりきりスズキでした)。その後ヒトデ、特小カサゴ、メバル、もう帰ろうかと思っていると食べごろアナゴ、アイナメが釣れオカズもできた所で早あがりします。やはり仕掛けなしでは勝負になりません。結局まともな魚はほとんど次男が、私はアイナメのみ、でもでもリコールで帰って来たボートはエンジンルームまで新艇のようにピカピカ、サービスでドライブの分解そうじのでして頂き絶好調、うれしい誤算でした。一ヶ月ぶりの海は楽しかったです。スズキも夏とは違い臭みも全くなくおしいくいただきました。感謝感謝!

海苔おじさん

ある人物の目撃情報を求めています。その方は通称ノリおじさん、実は妻が目撃したと言い張るその人物は年齢が五十歳過ぎ、ちょっと小太りで頭にカツラのように海苔を貼り付けているそうな(そんなヤツおるか)と言い合いになったのですが、横浜そごうで一回、ダイヤモンド地下で一回、新子安で一回、計三回目撃したとノタマウのですが、そんなおもろい人、本当にいるのか、情報を得たいと思った次第です。どなたか、目撃または、話を聞いたことがある方情報求めています。よろしくお願いします
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。