スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

鳥山をさがせ

今日は、先週出れなかったリベンジです。長男は館山海まちフェスタのため次男と二人の釣行です。夕方から雷雨との予報のため、とりあえず城ヶ島沖までカットビ決定です。ナギで順調に1時間で到着しかし鳥が見当たりません。探索していると魚探にイワシの反応があるので、次男はジギング、私はヒラメが釣れないかなと落とし込みサビキにしました。ジギングは当たりがないそうです。サビキは上層ですぐイワシが付きます、そのまま底まで落とすと何かプルプル当たりが、何せジギングロッドなので当たりが明確ではありません。ぜんぜん引かないので勘違いかなと上げて見ると、ネンブツダイのオンパレードです。そんな事を繰り返しているうちに、明確なアタリが、しかしヒラメとは違う、上がってきたのは、まあまあサイズのカサゴ。しかし後が続かずネンブツの総攻撃です。こうなったら沖ダシして鳥山探しです。とは言っても燃料に一抹の不安があるので30分以内と決めて、沖のブイ方面に出発、単発の鳥はいるもののどこにもイナダちゃんはいましぇん。仕方なく城ヶ島に戻ると何とナブラがピシピシしとるではありませんか。すかさずジギング開始、ジグを替え、インチクを付けたりしても当たらない、次男はトップ狙いにしますが当たらない。鳥山は大きくなり曳き釣りの船も集まり出しましたが、釣れている様子はありません。こちらもやっと当たっても食い込みません。オカズ確保の為、切り上げる事に、でもタックルは小物用はないし、仕掛けもメバル用が残っているだけ、一応イソメは持ってきたのでこの間好調だった観音崎でカサゴを狙う事にしました。やっと修理の終わったエレキを試す機会が出来ました。大きな波が来るとペラが浮き上がりますが、何とか実用範囲です。カサゴのアタリはあるのですが、バレてしまいます。完全に竿が硬すぎるしPEラインなので違和感から離してしまう様です。かなり空模様も怪しくなって来たので、横須賀のカサゴポイントへ寄り道しつつ帰る事にしました。ポイントがズレているのか、シロギスが釣れて来ます。そして次男がなにやらヘビのような、ありゃりゃ小さいながらもタチウオです。貧果ですが引き上げです。今にも泣き出しそうな中マリーナに帰って来ました。そして気になる燃料は95L結構とばしたので、時間当たり40Lといった所でしょうか。無給油で館山ぐらいは安全圏なので一安心、来週に期待をして本日は終了。
スポンサーサイト

ウネリ

IMGP0349_convert_20090510214852.jpg
今日は母の日と言うこともありカーチャンも連れての釣行の為、穏やかな金田湾でのシロギス釣りと思っていたのですが、観音崎を越えるとウネリが入ってきてます、久里浜を越えるとかなり大きなウネリでこれでは釣りにならないと判断して浦賀の団地の前でアンカリングしてシロギス狙いで釣り始めました。ポツポツ釣れるもののワカサギサイズばかり、風も強く成って来たので、観音崎を回り込んだ風裏で釣ろうかとリールを巻いたところ何かもたーと重い感じが、巻き上げてみると小さいながらもマゴチです。針掛りしたチビギスに喰らいついたようです。そして子供もなにやら重いと巻き上げるとでかいナマコです。ばあちゃんに、持ってかえって来いと云われているので、クーラーにいれました。今度は観音崎を回り、棒島沖のカサゴポイントでアンカリングします。第一投目から全員にカサゴが掛かりました。サイズも型揃いで楽しめます。ベラもたまに来ますがほとんどがカサゴです。十分釣れたので二時ごろ帰ろうとアンカーを引き上げますが、岩にでも挟まったのか全然巻き上がりません、近くにボートもいて危険なのでアンカーロープを切りました。アンカーチェーン勿体無いけど仕方ない。アンカー自体はこのボートにおまけについて来た、少々小振りなアンカーなので諦めがつきます。まあよく釣れる時はトラブルにもよく遭います。それにしても強い日差しで真っ赤に日焼けしました。

シャンデリア

IMGP0345_convert_20090508220824.jpg
今日、宅急便が来ました。中身は宗八かれいです。妻ら三人で北海道は積丹で釣ってきました。北都という宿に泊まり、朝から昼過ぎまで仕立てカレイ釣りに連れて行ってくれて、ゴールデンウィークで、当然タックルも無料で貸してしれて一泊二食でお一人様9500円、しかも温泉、ガビーンの安さです。釣り物は時期によって変わるらしいのですが、カレイ、ホッケ当たりがメインのようです。サビキを70mぐらいに落とし十五数えると鈴なりだそうです。口が弱いので待ちすぎるとバレルので待ちすぎはダメで、マジに釣ると三百匹ぐらい釣れるとの事。船も和船とボストンホエラーの二隻があってこちらは三人のみでつり放題と大喜びでした。釣り好きには超おすすめの宿だと申しております。ワシも行きたかった。

ボウズの言い訳

今日は師匠との半年振りの釣行です。家に迎えに来てもらい車中で釣りの相談です。師匠も昨日は鯛釣りにて本命ゲット(二人家族)と今日から独り者の私なので沢山釣れては困る、逃げのオニはやめて鯛ラバ一本勝負で行こうと決めましたので釣具店は寄らずにコンビニにて弁当調達、釣具店をパスしたのでマリーナには早く着きすぎました。しばらく仕事の話をしているうちにゲートが開きタックルを積み込みました。 
風は昨日より随分ましですが、午後のほうが風が強い予報なのでとりあえず実績のある観音崎へ向かいます。一流し目から師匠にも私にもアタリがしかしフッキングに至らずもヨサゲな雰囲気です。ところが後は全く音沙汰なしで鯛船らしき船のそばで流しを繰り返しますがアタリすらありません。波、風とも強くなる中、私すはついに禁断のインチクを投入しました。程なくアタリがありました。鯛ではないような、一度放されますが巻き続けているとフッキング、なかなか元気なサバちゃんでした。その後すぐにまたアタリがやはりサバです。師匠にインチク作戦がバレてしまったので一層向こう岸に行こうと提案してゴマカシました。 
燃料計が不安定に動きタンクの残量も気になりますが、一路浮島方面へ少し荒れ気味のなか出発です。大型船の引き波も喰らいますが抜群の波きりでゼンゼン問題なし、波アタリに定評のあるポーナムより断然楽です。ただし船体の幅が狭いのとあまり摑むところがないので止まっている時はポーナムのほうが楽です。結局千葉側でもなにも釣れず師匠もいままででホウボウさえ釣れないのは初めてだと嘆いております。帰りがけにもう一度観音崎で時間までネバルも成果なしマリーナに帰りました。 
今日は釣果には恵まれませんでしたが、ボートの耐波性と大まかな燃費、航続距離が摑めましたのでヨカッタです。

初出航

昨日マリーナから緊急連絡が、マイティーさん、明日、出られますか、実は船外機の油圧ホースからオイル漏れしてましてこのままでは危険なので修理しないと出られません。、部品はないのですがなんとか応急処置しましょうか。と言うことで気を揉んでいましたが、なんとか本日は出航に漕ぎ着けたのです。しかし海上は結構な風が吹いています、オープンボートですし、耐候性も不明なので心配です。マリーナの方にとりあえずガソリンを入れてもらう事に、でもなかなかエンジンが掛からない様子です。メカニック登場でやっと始動、先が思いやられます。(後で聞いたのですが今時めずらしいキャブ仕様)気になっていた燃料タンクですが、160L入って一安心。桟橋に着けてもらい初操船、少し緊張しましたが、とりあえず出発、徐々にスロットルを開けますが、速度が上がりません。トリムを調節していると段々加速して来ました。(いい感じです)湾内で旋回したりアクセルを大きく開けたりしてなんとか操作出来るようになったので、とりあえず横須賀まで行く事にしましたが、10mhぐらいは吹いているでしょうか、白波が一面にたっています。速度は20ノットぐらい、波きり良好、ポーナムの26よりん全然叩きません。ウレピー、同じマリーナを一緒に出たポーナムの28にもぐんぐん追いつきます。ヤッターボロイが波きり最高です。保安庁もウロウロしているし、風が相変わらず強いので、釣りは二の次で走り回りましたが、ボートの横幅が狭く船底のVがキツイ割に静止安定性も普通です。明日は子供達は4時出なのと、メカニックの方と艤装と整備の打ち合わせもある(またまた痛い出費です。)のでキス3とアジ1、カサゴ1の貧果で引き揚げです。燃費はあまり良くない様な気がしますが、調整が出来ていないのと、結構スピードを出したからかも知れません。マリーナに帰ってからいくつかの問題点を指摘され修理の依頼をしました。放つて置くと高額の出費となる恐れがあるので初期出費はガマンです。燃料タンクが予想より大きかったのと波きりの良さは本日の収穫でした。明日も師匠と半年振りの釣行予定です。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。