スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

IMGP0381_convert_20090823185348.jpg今日は次男の友達が来るとか、カーチャンも海水浴したいとか、ゴチャゴチャしてたのですが、結局次男と二人で出掛ける事に、ルアー少年なので、お手軽な大貫沖タチウオに決定、マリーナを9時過ぎに出航、ナギの中、第二海保を廻ってタチウオ船に合流しました。地合いでないのか、釣れてなさそうです。とりあえず、私はインチク、次男が60gのジグで始めました。アタリもなくキョロキョロしていると航路寄りに、もう一つ船団があります。様子を見に行くとポツポツ釣れています。風もなく、流れも弱いので船団のハジの方に混ぜてもらい釣り開始、次男にアタリ、釣れました、小さいですが、本命ゲットその後も二匹上げました。私はアタルもののフッキングに至りません。そうこうする内に地合い終了。魚探を見ながら反応を探します。ポツポツと小さい反応しかありませんが、インチクを落すとやつとフッキングがバラシてしまいました。インチクをチェンジして早巻き、ストップでやっと釣れました。しかし小さい上にスレ掛かりです。船団はさらに航路寄りに移動して行きます。私らも移動します。ここでソフトルアーにして見ます。程なく何回かアタリがありますが掛けられませんヘタクソです。こうなれば金谷にでも行くかと最後の巻上げ中にドンと来ました、いい引きです。本日一番のサイズです。次男が大きいよと言って巻き上げ中に後少しのところでバラシ、リーダーがスパッと切れています。気を取り直して二匹追加。私もジグにチェンジして早や巻きで止めるパターンで二匹追加。ジイバア分と自宅分は確保出来たので、イナダ狙いで保田沖に移動しましたが、魚の気配なし、修理の終わったエレキの動作確認をして帰る事にしました。
スポンサーサイト

特記事項なし

ほとんど、先週と変わりないコースで行って来ましたが、活性悪く、海水浴中心で遊んで来ました。明日も海水浴メインで行ってきます。釣果はオニが2、サバ1その他リリースサイズとトラギス、ベラ。

色々ありました。

IMGP0377_convert_20090809211500.jpg
IMGP0379_convert_20090809211626.jpg
今日はどうしようか、迷いました。ワラサは行きたいと思うものの、船が多すぎで魚の取り合い状態となっている様です。タチウオも好調なら釣って見たいし、土曜の様に暑いなら釣りより海水浴したいし、結局全てを盛り込む作戦に、まずは、先週同様に大貫沖に向かいました。タチウオ船の様子を伺うも、気配なし、すぐに金谷沖へ、こちらも、皆さん暇そうです。心置きなく館山へ向かいました。大房岬を廻った100mラインでオニカサゴし掛けを降ろします。早速お兄ちゃんにアタリです。巻き上げ開始、あまり大物じゃないよ言って、上がってきたのは、小さなサバとアヤメカサゴのダブルでした。急なかけ下がりで、あっという間に150mに落ち込みます。すると私にいいアタリが、食い込んだようです、慎重に巻き上げます、水深が浅くなっても抵抗します、エチオピアにしては底で食ったし、なにかと思っていると、メーター級のサメでした。お兄ちゃんも良く引くよと巻き上げ中ですが、同じくサメです。これは堪らないので、洲崎方面に移動します。ゆったりとした大きなウネリの中、随分と流れが強くなってきました。釣りにくいので、湾内に移動しようとしているとまたお兄ちゃんが巻き上げ中、本命オニサカサゴでした。腹も減ったし浅場でランチタイムと海水浴でもと移動中、よさげな根を見つけまして、仕掛けを入れますが、お兄ちゃんが根掛かりしています。やっとの事で外れたようですが、重いと言っています、岩が釣れたよと笑っていますが、なんと大きなサザエが付いています。今日一番の釣果?です。先々週行った海水浴場の沖でアンカーを入れ、海水浴です。ナギで最高の天気、綺麗な水、大満足です。海水浴を切り上げ、またオニカサゴ釣りに復帰します。今度はカンコポイントのようで連チャンで来ました。その後オニも追加してオカズも十分になったところで、空いたであろうワラサに向かいます、途中でなにやら怪しい物体が浮いています。まさかバラバラ事件、いや、大型犬、怖いもの見たさで、近づくと海亀です。ビニールでも食べて死んだのでしょうか。可哀想だけど、人で無くて良かったです。時間をとられ到着すると朝には防波堤か島のように巨大な船団が消滅しています。ウロウロしますが魚探反応もなく、帰る事に、途中で以前いたマリーナのボートを見つけ手を振りますが、こちらのボートは小さく、機種も変わっていますので、気がつかない様です。今日はとても楽しくて、お盆休み中にもう一度来たいなと思いました。

何で雨が降るのだ


1ヵ月以上釣りに行かれなかった次男のリクエストに答えて、ジギングメインで、疲れたら深場釣りに逃げようかと言う計画、そしてべろーんフィッシュトーナメント(リンクの僕がカジキを釣りあげる日参照)にも参加できたらと、出航しました。曇りで、ベタナギ、願っても無い条件です。海保を廻り大貫沖のタチウオを覗き、保田沖のでナブラ探しのメニューです。一気に航路を横断して海保の北側に向かいました。職船が網を引っ張り回しているので、パスして大貫沖へ、小さな船団が出来ていました。船の間隔も空いていて、エレキなしでも流せそうです。魚探には水深10m付近にタチウオ独特の細長い反応が、ポツポツ出ています。釣れている様子はないのですが、子供らはジグ、年寄りはインチクで開始します。すぐにチビに当たり、水面付近でバラシ、しかしすぐに次の当たりで釣上げました。小さいながらも本命君です。次に私に来ましたが、バラシ、すぐに落すと今度はガッチリとフッキング、一匹目ゲットです。しかしその後は当たりがあるもののフッキングしません、少し移動してチビが一匹追加した後は、当たりがなくなりました。私は、ジグヘッドにワームを付けて見ます、チビはキャスティングに切り替え、一人釣れない長男はピンクのジグにチェンジして早巻きすると釣れました、続いて今度はグッドサイズのタチウオを釣りました。全員釣れたのはよかったのですが、雨がポツポツから本降りになって来ました、確か降水確率20%ととか言ってたのに、湾口に近い方が天気がよいかもと、保田沖に移動します。弁当を食べながらナブラを探しますが、鳥も居ません。ジギングはダメそうなので、深場に行く事に、しかし雨は激しくなって来ました。オモリ250号水深330mで仕掛けを投入、サバエサ2本針の天秤仕掛けです。底をとって待ちます、竿は2本出しました。5分くらいで私に当たり、食い込みを待ち巻き上げます。何か付いているのですが、引きは弱いです。残り5mでポッカリとドンコのダブル、一匹はいい型です。お兄ちゃんにも当たり、が途中で軽くなったと言ってます。揚げてみると、ハリス切れです。さらに雨がひどくなり、もう1投で帰る事にして再投入、すぐにアタリが出て巻き上げるとまたドンコよく見るとカワイイ顔しています。両親が好物なのでこれでよし、帰港します。猿島あたりで、薄日が差しほとんど雨も止みましたので、もう一度タチウオの様子を見に行きましたが、活性低そう、横須賀であじの様子を見ましたがこちらも、ダメそうなのて゜、これで本日終了です。トローリングする事は出来ず、ベローンの方は不発でした。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。