スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アカムツ不発!

IMGP0384_convert_20090927212655.jpg
早く帰ってくることを条件に、なんとか出航に漕ぎ着けました。以外に嫌な波がありましたが、観音崎を越えるとナギでした。城ヶ島沖まで一時間チョット、アカムツを何度か釣られている、ブロ友の海流美丸さん、トオルさんの情報を元にアカムツ探索開始です。魚探の等深線の200mの落ち込みに第一投、投入に戸惑っている間にあっという間に300mに流されます。さらに流されラインは400m引き出されます。波っけがあるのでエレキは使えず、船外機をバックに入れて流します。チビにアタリがありましたが、サメの様だと言っています。幸い残り10mでバレました。深すぎるので次のポイントに移動します180mぐらいです。底質は泥の様な感じです。ここでドンコとノドクロカサゴを釣りますが、よいアタリはなし、本命と思われるポイントに移動します。するとブログでお馴染みの真っ赤なレッドスター号、トオルさんのボート発見です。先週、幻のアカムツを7匹も釣上げた超人です。ポイントは間違えていない様です。挨拶を交わし、写真を撮っていただきました。(トオルさんありがとうございました)小一時間近くで釣っていましたが、思わしくなく、トオルさんが今朝本命を釣った方向に移動してみました。相変わらずリリースサイズのカサゴとドンコのみです。時間も無くなって来ましたので、少し浅場でオニカサゴを狙ってから帰る事にしました。チビにいいアタリがありましたが最後にラインを手繰っている間にバレました。浮いているのであわててリールを巻き上げ取り込もうとしましたが再び潜って行きました。引き揚げです。カットビで帰りますが、猿島あたりから波、風とも強くなりカブリながら一時間で帰って来ました。今度は館山沖でも探索するかな。
スポンサーサイト

IMGP0382_convert_20090913225536.jpg
朝、起きてみると、チビの下痢も止まり、私もすっきりさわやかなので三週間ぶりに出る事にしました。ただクーラーに氷はあるもののエサも仕掛けも準備なし、一か八かでカツオならいで相模湾まで行く事にしました。久里浜を越えるとウネリが入り走りにくくなりましたが、波はなく順調に相模湾へ来たものの、散水しているカツオ船も鳥も見当たりません。仕方なくライトトローリングで一時間くらい流しましたが、ソーダーもサバすら来ません。チビが頭が痛いから寝ると言うので、ウネリのない千葉側を鳥を探しながら帰る事にしました。海保まで来ましたが全く気配なし、中の瀬にアジ船がいるもののルアー船は見当たらず、今日はクルージングで終わりかと思っていたところ、チビが最後に横須賀のサバポイントに寄ろうと言うので行って見ましたが、シロギス船のみ、諦めて早上がり、今日はボウズや磯子まで来ると鳥山が、速攻でジグ攻撃、いきなり、元気なサバちゃんが来ました。二人ともアドレナリン出まくりでジギング、ほぼ100%掛かります。鳥山が移動してもまあまあのペースで釣れます。釣り過ぎはヤバイと分かっていても、止まりません。ちびのラインが高切れしてスピニングでキャスティングすると、大きめのサバが来ます。結局クーラー満タンまで一時間くらい釣って帰港しました。久しぶりの鳥山は楽しかったですが、案の定、帰ってから、叱られて、近所におすそ分け、エサ用、ニンニク煮、圧力鍋で甘露煮を作り、忙しい一日が終わりました。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。