スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アマダイ転じてオニになる

IMGP0395_convert_20091108200903.jpg
久しぶりのナギの予報、魚探も付いたし、かなりハリキッテいました。行きがけに久里浜、下浦を覗いて、イナダのオミヤをゲットしてから坊主覚悟のアマダイに向かう作戦でしたが、ラークの設置に手間取り下浦に着いたのは10時半、状況が悪そうなので久里浜に戻り四十m位の魚探反応のある所にアンカリングと思いましたが、大きい方のアンカーを積み忘れ、ロープを限界の100m出した所でやっとアンカーが効きましたが、魚探の反応もありませんが、アンカーを再投入する気力もなくコマセも3人で一つだけ、サバもアジも来ません。どうもコマセ釣りは苦手です。こうなりゃアマダイじゃと早々に城ヶ島の手前の70mラインで釣り始めますが、以外に風があり波も出てきました。雑魚しか掛からぬ中、今度のボートはデッキが狭いので何度かオマツリをして面倒になっので風裏の城ヶ島の南でオニカサゴをやる事にしました。100mラインでストックのサバを付けて釣り始めました。お兄ちゃんと私は面倒なのでアマダイ仕掛けのまま落しました。すぐにお兄ちゃんにアタリが、上がって来たのはまあまあサイズのオニでした。その後はチビカサゴと雑魚のみ、もう少し深場に移動します。ここからマリーナまでは一時間半位掛かるのでもうあまり時間がありません。150m位に反応を見つけて投入すると兄ちゃんにアタリ、結構退いていますが、後少しでバラシ、次に私に久しぶりによいアタリが、ガンガン引きます、サメとはちょっと違うメダイがエチオピアの様な感じでしたがやはりバラシ、仕掛けをあげて見るとハリス切れです。ドラクを調整していなかった所為でした。気を取り直して最後の投入です。再び私にアタリが、じっと我慢して食い込みました。最後の最後で33センチのオニが来ました。貧果でしたがなんとかオカズが出来ました。オニはシャブシャブして美味しくいただきました。
スポンサーサイト

風が吹きすぎ

午後から、南風が強くなる予報、大島では、既に15mも吹いている。その上に魚探がまだ付いていない。これは、横須賀沖のスミイカのほか選択肢はない。スミイカエギング初挑戦。マリーナに着き出航準備をしていると、突然、風がブワーとやって来た。取り敢えず、出発しますが、湾内にボートも釣り船も集まっています。湾外は結構な波が予報より早すぎる。スミイカしか、頭にないので、ゆっくり、ドンブラコと横須賀まで向かいます。ワイパー大活躍、ウォッシャー液がなくなりました。八景島のあたりから、走りやすくなりましたが、いつもの倍近くかかって横須賀港へ、スミイカ船らしきのが2隻、三笠の沖にいます。近くでエギング初体験、しかし強風ですぐに岸壁に流されてしまいます。クラッチを入れたり、切ったりしてなんとか釣り始めます。しばらくして、お兄ちゃんに来たー、タモタモとやっている間に足を一本だけ残して海にお帰りになられました。近くにオルデーとエギをしゃくり捲くりますが、アタリなし。釣り船は沖のブイのあたりに移動しているので、こちらも移動します。今度は私にアタリ、竿がしなります。やったー刺身じゃ、しかしジェット噴射と共にお帰りになられました。このまま坊主もツマラナイので、観音崎の風裏でカサゴかアジ、あわよくばタイ、イナダ作戦に変更します。猿島を廻って伊勢町あたりまで行くも、ますます風波とも強くなり、撤収する事にしました。いつもより速度が出せないのでマリーナの昼休みに重なってしまい、湾内をウロウロしますが、強風の為、油断するとあっという間に流されてしまいます。少し時間を潰して、マリーナの桟橋に向かうと、ヨットとでかいボートが桟橋を占拠していて船を着けられません。スタッフに電話をしてレンタルボートをどけてもらってやっと着岸体制に、しかし強風と慣れないボート、高そうなボートの後ろに着けなければならないので冷や汗もので2回目でやっと着岸できました。苦労した割りにイカの足一本だけの寂しい釣果でした。来週までには魚探とアンカーウインドラスも使える様になるので、来週に期待です。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。