スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

珍しく

IMGP0446_convert_20100124190106.jpg
今頃は別府に居るはずだった長男が船内でインフルエンザが流行した為に急遽、帰宅、久しぶりの三人での釣行となりました。深場も飽きたのでアマダイ狙いで空いている岩井沖に向かいました。海も静かで富士山も綺麗で、海日和です。順調に、約一時間で到着しました。アマダイは午後からの方が釣れるらしいので、取り敢えずカサゴもアマダイも狙える90mラインを流します。エサはイソメワームとサバです。お決まりのトラブル発生、私のリールが巻けません、何の事はないラインがガイドに絡まっていただけでした。改めて仕掛けを降ろすと長男にカサゴ、私にオニカサゴが来ました。キープギリギリでクーラーへ、その後はトラ、ヒメ、リリースカサゴのオンパレードです。昼になったので浅場でカップラーメンを啜り、今度はアマダイ釣りにします。70から80mを流しますが、トラばかりです。チビとオマツリして解いている間に長男の竿がガクガクしています。慎重に巻き上げると本命のアマダイ君です。三人共、エサを付け替えてGPSを見ながら先ほど釣れた辺りに戻ります、水深60m位です。仕掛けを落すと私のロッドがガクガクしてます。やはりアマダイです、先ほどより一回り大きいです。その後また長男にヒットです。大きめのエビで積極的に誘うと良い様です。残り時間30分でやっと次男にもガクガクが来ました。手巻きで慎重に取り込んだのは本日一番のサイズ40cm弱の綺麗なアマダイちゃんでした。連続で次男が釣り仲良く二匹ずつ釣った所で終了です。珍しく本命がゲットできました。これから、オススメの松かさ揚げ、刺身、昆布〆、潮汁で食べます。
スポンサーサイト

いつもの通り、ダメボ

IMGP0444_convert_20100117194512[1]
予想天気図は最高だし、日差しもあるので寒さも大した事もなく、絶好の深場日和です。先週、リンクにある、やまさんが、ムツを嵐のように釣り捲くったので、アヤカリ釣法で館山沖を目指します。海況は思ったほどよくもなく、館山に近ずくに連れ微妙な感じに成って来ました。風は体感的には7mくらいで結構トモ流しするには波もあります。少し湾の中に入って100mくらいから流しました。近くにカートップボートも居るので、ポイント的には良さそうですが、アタリはなし、浅い所でアマダイもいいな、なんて考えましたが、初心貫徹でムツ狙いでもう少し深い所へ移る事にします。巻き上げるとチビカサゴが付いていました。実はメインのロッドにリールを付け間違えてラインの短いのをもって来たので、仕方なく深場用タックルに100号を付けたのでアタリが分かりませんでした。結局、いつもの様にあっちウロウロ、こっちウロウロしますが、めぼしい釣果もなく富浦沖で最後の流しをします。400m以上はあるかと思われる付近でアコウ狙いらしき船を発見、次男のリールが400mしかないのでギリギリの350mを流します。二人ともアタリます。私のはガクッガクッとなっていい具合に曲がっています。時間的に最終流しなので慎重に巻き上げます。途中はあまり引きません、先に次男が何か付いてると言っています。見るとドンコとスミヤキのダブルです。私のは残り50くらいから急にガクガク引き出しました。ひょっとしてムツかなと期待しますが残り20mでバレました。残念でした。また来週!しかし深場の釣りは、ちょっと飽きたし、次はアマダイでもやりたいな。帰宅後、初スミヤキ、今まではキモイのでリリースしていましたが、とても美味しいと言うので、塩焼きに、思っていたより骨はウザクありませんでした。お味の方は、脂ギッシュなタチウオと言えば宜しいかと、楽しみは肝の食べ比べ、クリィーミィーなドンコ、マイウー、そしてびっくりウサギさんじゃなくて、スミヤキの肝の濃厚な事、病み付きになりそうです。また来週も出られるといいな。

初釣り、迷走

IMGP0443_convert_20100110175720.jpg
三連休とも、ナギの予報、1ヵ月振りに釣に行けるのでウキウキしていました。マリーナを出る時も無風、よしよし作戦通りライト深場に向かいます。しかし八景島の風車はそこそこ回転しています。そして千葉側の煙突の煙が真横に、ちょっと嫌な予感がします。取り敢えず真っ直ぐ海保を目指します。海保を廻り金谷辺りまで来るとウネリが出てきました。風も7、8mくらい吹いている感じです。浮島を過ぎるとかなり小船にはつらい海況になってきました。どうやら、大島で南西かぜ吹いている影響か、千葉側は状況が悪いです。富浦沖までなんとか来ましたが一向に改善しないので、三浦側に渡る事にしました。ここで問題が、前回時間がなく給油しなかったので、燃料計は半分強、あまりウロウロして燃料を浪費したくないので久里浜沖まで゛戻る事にしました。途中で巨大な反応が魚探に、止まると、イワシが見えます。慌ててチビがジグを落しますが足が速くアタリありませんでした。久里浜沖についた時はもう11時、2時間も迷走してました。気を取り直して、アカムツでも釣れないかなと少し深めの200mラインで釣り始めます。結構、流されるのでチビにやらせて私は操船に専念しますが、エサはとられますが、何もアタリません。小魚がツツイテいるのでしょうか。少し移動する事に、発電所沖の160m位の所にいい感じの地形があったので仕掛けを落させます。すぐにアタリがあり、巻き上げます。引きは強くないようです。上がってきたのはタチウオです。魚探をよく見ると、確かに縦長のタチウオ独特の反応が出ています。私も釣りに参戦します。二人共アタリが来ました。巻き上げ途中お祭りです。チビのタチウオを回収して私の仕掛けを見るとまだタチウオが付いています。無事にクーラーに入れてリールを巻くと巻けません、ラインがプロペラではなくドライブに絡んでいます。チルトアップして袖をビシャビシャにしてようやく解けました。再度仕掛けを入れるとリールの電源が落ちています。人力リールに変身です。年寄りには辛いです。タダの接触不良でしたが、トラブッテいる間に時間がなくなってきました。タチウオのアタリがなくなりフェリーの航路寄りに移動して最後の一投でドンコとノトクロカサゴが来ました。なんんとかオカズは確保できましたので帰路に着きました。久しぶりにタチウオの塩焼きがたべられます。

お正月旅行

IMGP0408_convert_20100104224011.jpg
明けましておめでとうございます。本年もよろしくお願いいたします。皆様の励ましで昨年もなんとか乗り切る事ができました。本当にありがとうございます。
さて、今回は芦屋にある息子の進学先を見学するのと、鳴門のうず潮見学がメインで後は適当に行こうと、いつものパターンです。大雪の影響で50分遅れで新神戸に到着、ホテルに荷物を預けてから、ロープウェイで神戸の街を見下ろしました。横浜よりずっと眺めがいいですね。その上強風でゴンドラが大揺れで楽しかったです。芦屋に行きタクシーで学校をグルッと見学して神戸に戻り生田神社で初詣でもと思い人の流れに沿って歩いていましたが、段々渋滞してきました。ノリカさんも別れた事だし、初詣は氏神様がいいかと思い直し、ホテルに戻る事にしました。(ただ人ゴミが嫌いなだけです。)さて、翌日は楽しみにしていた鳴門のうず潮見学です。割引制度のおかげで5千円以上する明石海峡大橋を渡る高速料金も千円で済みました。ラッキーです。観潮船と呼ばれるうず潮見学の船は3社くらいで運航されていて小型の船でうず潮の迫力を楽しむものと大型の船で、ゆったりと楽しむタイプとがあるようですが、かなり込み合っていて小型船は難民船状態なので、大型船に決めました。うず潮観測専用設計と言うだけあって安定性と回頭性に優れ船酔いする方も見ませんでしたが、近くにいる超満員観潮船の方が絶叫状態で明らかに楽しそうでした。風が強いせいなのか、こんなものなのか分かりませんが、綺麗な渦はすぐに壊れてしまい、写真にとる時間的余裕はありませんでしたが、迫力だけは味わえました。次回があれば小型船で見学したいです。この下にマダイがいるのかななんて事を考えながらホテルに向かいました。舞子にあるホテルは大混雑で、レストランも食べられないと言われ、近くの駅までシャトルバスで行きますが、食事処も休みのところが多くやっとこパスタの店で食事にありつきました。最終日は須磨浦公園の散策に決定です。朝一なのに、公園駐車場が混んでいますが、ロープウェイ乗り場は閑散としています。なんとロープウェイの始発まで一時間以上あるそうで、車の多くは地下通路の向こうにある海釣り公園に来ているものでした。当然、様子見に行きますが、料金は1200円、中にはマダイの釣堀もあり(タイ一尾1600円也)以外に高く、しかも坊主の客用に持ち帰りの活魚まで販売しいる商魂にビックリです。見学の後ロープウェイに乗りますが以外に空いています。距離は短いものの、急傾斜です。そしてカーレーターなる乗り物に乗り換えます。木製のかごの様なモロ昭和な乗り物です。物珍しくカメラを構えますが、揺れがツボに嵌り笑いが止まらなくなりました。撮影どころではありません。次男と笑い転げてました。(今回の旅行で一番楽しかったかも)レトロな回転レストランと言っても冷凍のピラフとピザしか有りませんが、小腹が空いているので、一応腹ごしらえしてから、最後のリトに乗り頂上へ懐かしいサイクルカーを発見早速乗り込みますが、眺望は最高、誰ものらないのかもう一周していい世との事二百円で二周できました。これまたオススメです。昔の江ノ島の遊園地の雰囲気で一家は上機嫌です。ここで怪しい外国人を発見淡いブルーのカッパのような服装でハイキングコースを登って行きました。私たちは下りのリフトでカーレーター乗り場に戻ると何故か先ほどの外国人が下から上がってきます。よくよく見ると缶コーヒーBOSSのMrジョーンズにそっくりですし、宇宙人以外に瞬間移動出来る訳がありません。彼は実在の宇宙人だったのです。下りのカーレーターは上り程は盛り上がりませんでしたが、上りに乗っている人は例外なく笑っています。一度は乗りたいカーレーター(廃線にならない内に)、会ってみたいMrジョーンズ。楽しゅうございました。神戸最後の食事、しかもハズレ続き、公園の隣にある料亭に行きますが予約なしでは不可との事、ガイドブックで妻が選んだレストランは諏訪山公園のトゥールドール、眺望最高です。トウールドールランチを注文、前菜、クエのアーモンド焼き、神戸牛のグリル、デザート、コーヒーも美味しかった、接客もよく大満足です。カップルに超おすすめ、価格もリーズナブルです。レンタカーを返却、みやげを買うには時間が余ります。食べそびれた明石焼きを探します、小さなお店ですが地元の方で賑わう店は虎さんに出てくる様な人情味ある店で食べきれないと思った明石焼きもペロリで本日は大当たりでした。私の感性に合った処が沢山ある神戸、ぜひまた訪れたいです。写真は後ほどアップします。

more...

海苔おじさんパートⅡ

明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。只今、神戸のホテルに着いたところです。その後、消息が不明だった海苔おじさん。目撃情報が有りましたので御報告致します。そもそも、海苔おじさんについてご存知ない方が多いと思われますので説明いたします。カミサンが横浜そごうの地下食品街で年齢は60才位、小太り、身長165cmくらいの男性で頭部に明らかにカツラの様な物体、しかし厚みが殆どなく、近づいて見ると、明らかに海苔を頭部に貼り付けたおじさんがいたと言うのです。そんなヤツはオランヤロと相手にしなかったのですが、その後も横浜の地下街で一回、新子安で一回見たと言うので、これは絶対に見たいと思っていましたが一年近く、消息不明になっておりましたが、長男がクリスマスにそごうの地下で目撃したと証言しました。私も絶対に自分の目で見てみたいと思い、ここにまた新たな目撃情報を求めたいと思います。どなたか、海苔おじさんをご存知の方、写真をお持ちの方がいらっしゃいましたら、教えてください。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。