スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

洋上風力発電

widephoto.jpg
中学生アイドルの藤波心さんのブログが話題になっています。賛否両論はあると思いますが彼女の勇気、洞察力には感動しました。私も、次世代に安全なエネルギーをと探しているうちに、こんなプロジェクトを見つけました。
このタイプでは在りませんが、現在も、茨城沖にて、東日本大震災の被害も受けずに7機が1万7千kwのフル稼働だそうです。少なくとも現状の安全基準で原発を稼動させる事は日本の将来を考えると大きなリスクになると思います。なんと画像のタイプは百万kW、原発並みの発電能力を持つそうです。専門家の皆さん、英知を結集して明るい未来を示してください。
スポンサーサイト

comment

Secret

おっと面白い

藤波心さんのブログちょっと見ましたけど、中学生が書いたのならすごいですね!内容的には異論だらけですが、どんどんヤレ!って感じです。でも、盛り上がると、目ざとい大人が群がって金儲け考え始めるんだろうな~
写真の発電設備、面白いですね。陸上より安定してるだろうな~日本は陸地は少ないから海上を有効にって思考もいけてます。ただ、やはりちょっと不安定でしょうけどね。大電力の蓄電技術はやっぱりほしいな~ 地球がとんでもない時間をかけて溜め込んだ石油エネルギーや、物質自体がもつエネルギー使う原子力が重宝がられるのは、ほしい時にほしいだけ使えるという利点ゆえと感じてます。

No title

うぞっさん、コメントありがとうございます。原発の可否についての議論は、本当に難しいと思います。原発で生計をたてている方には、脱原発なんてタイトルはドキッとするでしょう。勿論、世界各国で表と裏事情もある様で、一概に何が良いかの判断は出来ません。ただ60年代に夢のエネルギーと言われた原子力は、より一層の安全性、核廃棄物の処理に関して大幅な進歩が行われないと劣勢になるでしょうね。自由化が進んで世界的にはファンドが出資して発電事業が行われいるので風力が勢力を伸ばしています。原子力はリスクが高すぎて資金が集まらないそうです。現実的には、色々組み合わせて発電するしか有りませんね。

No title

同じくそのブログ見ました!
でも確かに原発は最終的な処分場所すら決まってないのにとりあえずとりあえずでどんどん推進されてしまったワケで、それらのツケを若い世代が負の遺産として引き継がされることになるのだから言いたいことはどんどん言って構わないと思います。
こういう発信をする若い世代の存在自体貴重ですね。

しかし結局は安全神話でしかなかったことが証明された今、とりあえず一時的には火力で二酸化炭素ガンガン発生させてしのぐとしても、長期的には自然と共生出来る方法を考えていくしかないのでしょうね。
日本のような地震大国に原発はリスクが高すぎること、これは今までも地震の度に問題になってたけど今回で決定的になりました。

脱原発のためには税金も高くなるでしょうが、住めなくなるのとどっちがいいの?と言われれば私は間違いなく前者を選びます。

No title

ケンケンさん、コメントしずらいところ有難うございます。芸能活動を干されるかも知れないリスクを犯しても原発の事を問題にしている芸能人も沢山いますね。少しでも問題意識が高まればと思って取り上げてみました。原発大賛成、原発大反対の方も、この機会に更に理解を深めて、最終的には国民投票の様な形で決められれば公平感は有るの思います。しかしマスメディアは明らかに政府、東電よりです(少し改善してますが)正確な情報提供と幅広い専門家の議論で進むべき方向を判断したいです。二酸化炭素の排出も大して温暖化の原因のにならないとか、燃料の濃縮、核燃料廃棄物の処理までトータルで考えると、コスト、二酸化炭素の排出量も火力の方がマシと言う意見から原発をなくしたら国際競争力が落ちて日本はなくなると言う話まであるので判断は難しいです。

No title

人の造ったものはいつか朽ちるわけですから絶対に安全ということはありえないですよね。今回はそれが自然災害で早まっただけなのかもしれません。そして危険性に気付いた。

雑誌のベストカーにも載っていましたが、風力・太陽光・地熱など安全で自然の力を利用するエコな発電方法はあるわけで、発電効率は悪くても本当に安全な発電方法を選択してゆく必要があるし、その時が来たのだと思います。

ただその発電施設を作ることで特定の企業が潤う可能性があることには納得いきませんけど。

No title

海流美丸さん、こんばんは。コメントありがとうございます。
いままでも危険の声を上げている人達がいらっしゃたのに耳を傾けなかった責任は誰にでもありますね。日本では政府の方針もあって原発の一人勝ちだった様です。太陽光にせよ、風力、その他いずれが推進されるかは判りませんが、必ず裏で儲かる人達がいて推進されるのでしょうね。このところマスコミの論調が変化して来ているので大相撲の様に、誰かに責任を押し付けて幕引きをするのでしょうね。

自然の力を使って

エコな発電をもっと推進すべきだと思います。
発電量や効率など課題は山積でしょうがリスクは確実に下がるのではないでしょうか?

原発がなぜ海のすぐそばにあるのか?冷却水を冷やすために海水が必要なんだそうですね。
その利便を考えた時に地震大国である日本は津波の事を考えなかったのでしょうか?
話を聞いていて「想定外の大地震・大津波」と言う以前にとても考えていたとは思えない体たらく。
それをチェックできていなかった国民にも問題があるのかも。

今からでも遅くはないですよね。

No title

なんだかカッコイイデザインですねえ。
震災の被害を受けなかったのもすごい。
期待しちゃいますね!

No title

まるかつさん、誠に、コメントありがとうございます。様々な立場の方、考え方の方からコメントをいただけると、進むべき方向性の判断材料になると思います。私の少ない知識、判断能力を超えた事なので皆さんの考え方が為になります。

No title

菖蒲さん、コメントありがとうございます。デザイン画のは、イメージ図ですのでカッコイイのかも知れません。この六角形の中にイケスを作ったりも出来るそうです。茨城のものは、私達が見慣れたタイプですが海上設置型で、既に4ヵ所、後には沖合いに100基設したいと言っているそうです。社員が8人で東京電力に売電して成り立っているそうです。

No title

茨城沖で百万kWのこの風力発電は本当に素晴らしい!!ですね。
電力を原子力の力に頼り過ぎて今回の地震、津波による想定外という絶対に許されない事態。老朽化・安全対策等危険な原発が日本各地いくつかあるそうですね。
これからは太陽光、風力、天然ガス等の時代ですね。安全でクリーンな発電を早急にですね。

No title

青龍丸さん、コメントありがとうございます。誰でも自分が大事なので自分の利益を守ろう、弁護しようと動いてしまいます。少なくとも電力の自由化がなされれば、本当に安全で、安い発電が何なのか分かるでしょうし、いい技術、アイディアが生まれてくるでしょう。海洋の温度差発電、振動発電など聞きなれない物も有ります。

No title

マイティーさん、こんばんは

海上釣公園兼風力発電良いですね~
海上釣堀にも魚介類の養殖もOKかも知れませんね
藤波心さんのピンクのブログ開いたままトイレ行ってたら
中2の娘にチラ見され、誤解されちゃったみたい・・・
【キッモー!】って行っちゃいました。
『俺、勉強してたんだから・・・』


No title

トトさん、コメントありがとうございます。お嬢さんに見られついでに御家族で話し合われてみては。日本が今後どのような方向に進むかは分かりませんが、国民が耳をダンボにしていないと喉元過ぎればになりかねません。

No title

各家庭で自転車型発電機がいいと思う(^o^)丿
中年病にも効果的(*^_^*)

あ・・・中年病減っちゃうとマイティーさんも困っちゃうかぁ・・・・

No title

おはようございます。

電力会社さんは原子力にこだわっている感じですが、なにもエネルギー源は原子力とは限らないわけで、現状を見ていると太陽光エネルギーや、釣り人には大敵の風力を最大限に生かせていない気もします。

素人考えですけれど、大きなプロペラをズラズラっと並べてゴワーッと回せば結構な電力が得られるんじゃないでしょうか?無風だとキツいですが、台風が来るとむしろウハウハな感じがします。

エネルギー源、探せばいろいろありそうな感じがしますけどねぇ・・・
やはりコストと政治の利権がらみでメンドクサイんでしょうか?

No title

おらっち、若い時と違って冷房も弱い方が気持ちがいいし、ラジオばかりでテレビも見ないし、結構、省電になっていますが、店のオープンストッカーと釣り用の冷凍庫がガンです。
釣り人は、リールを巻くと発電するマキマキ発電をしましょう。小物を釣っても大物に見えます。

No title

コーレスさん、コメントありがとうございます。原発は利権の塊の様です。なんとか延命しようと、政府も東電も国民の生命より原発を守る事に必死です。遺伝子操作と原子力は神の領域なのかも知れません。人類が手出しをしてはいけない物なのかも。福島の事故の経験を生かせない様なら、次は日本に住めなくなる様な事態が起こる気がします。
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。